menyamama にゃんとも便利!ママをもっと楽しく賢く!

検索
2015.09.17
「子どもの判断力」を育てるために親がやっておきたいこと。

「子どもの判断力」を育てるために親がやっておきたいこと。

人生は決断の連続。それは、大人はもちろん、小さな子どもも変わりません。生活や遊びの場を通して、「考えて判断して行動する」力は、保育園や学校でも大切に育てていくべき能力として、よく掲げられています。適切な判断ができず、友達と一緒に遊べない子、自主性がない子…。子どもの力を伸ばすために、親ができることは何かを日頃から考えることが大切です。

登場キャラクター

  • ミーニャママ

    …ミーニャママ

    普段は優しいお母さん
    夫には手厳しい1面も

  • ミーニャパパ

    …ミーニャパパ

    子煩悩で家族思いなお父さん

ミーニャママ

この間、ミーニャを公園に連れて行ったんだけど、お友達とちょっとケンカになっちゃって。おもちゃを貸してあげたんだけど、お友達がひとり占めして一緒に遊べなかったの。

なんだ、子ども同士の遊びでよくあるトラブルか。

ミーニャパパ
ミーニャママ

パパ…(怒)! ママは、ミーニャのためにどんな行動をとればよかったのか、ずっと悩んでいたのに…!

ごめん、ごめん…。お友達はミーニャのおもちゃだってことを忘れていたのか、夢中になってミーニャを無視しちゃったのか分からないけど、いわゆる自己中心的な行動をしちゃったんだね。

ミーニャパパ
ミーニャママ

いつもミーニャは自己主張をはっきりするのに、今回はだんまりしちゃってね。子ども同士のトラブルに、ママがでしゃばっていいのか、それとも見守るべきか…。もんもんと考えた結果、やわらかくお友達にミーニャの気持ちを伝えたんだけどね…。ミーニャにも、「貸してあげてえらかったね」って言ったんだけど…。

たぶん、ミーニャもすごく考えただろうし、我慢したと思うよ。結局、どうすればいいか分からなくて、「だんまり」だったのかもしれないね。こういう苦い経験を繰り返しながら成長するんだろうけど、お友達もミーニャも、まだまだ子供。ママが、ミーニャの「うまく表現できない気持ちを伝えてくれて、ほっとしたと思うよ。ママは、子どもにとって安心感を与える「基地」のような存在だからね。

ミーニャパパ
ミーニャママ

ま、「自分だけよければいい!」という考え方、たまに大人にもいるからね…。ちょっと面倒で、大変な人が多いけど。気持ちを汲んで、状況を判断する力って大切ね。

うん。できることなら、子どもの頃からそういう「判断力を伸ばしてやりたいよね。僕たちも、ミーニャが頼りなくて、すぐに手を貸したり、ミーニャが考えている途中に答えを言っちゃったりしがちだけど、それはミーニャにとってよくないときもあるから、気を付けなくちゃ。ま、「待つこと」って大変だからね。大人がやったほうが早いし。

ミーニャパパ
ミーニャママ

そうね。でも、「待つこと」と「ほったらかし」は違うわよね。私、時間があればスマホばかり見て、ミーニャをほったらかしにしているかも…。たまにミーニャ、じっと私の行動を見ているときがあるのよ。「関心を持ってもらう」「認めてもらう」という自己肯定感を経験する大切さを、ついこの間学校の先生から教えられたばかりなのにね。善悪の判断も、家庭での叱り方が大きく左右するって言うし…。あー子育てって難しい!

ミーニャも、お友達に関心を持ってもらえなかったことも、つらかったんじゃないかな。人間関係をうまく作るなんて、大人も難しいこと。でも、ちゃんとミーニャの気持ちや行動を肯定してあげることで、自信を持って意欲的に取り組めるようになるし、ミーニャがしっかり考える機会をたくさん作ってあげることで、判断力が育つと思うんだ。その積み重ねで、少しずつ相手の気持ちを考えて行動できるようになると思う。と、会社の部下を育てながら思っているんだけど…。

ミーニャパパ
ミーニャママ

パパ…! 確かに似ているかもしれないけど、そう!会社と言えばね…!
(ものすごく長い説教)

関連記事