menyamama にゃんとも便利!ママをもっと楽しく賢く!

検索
2015.12.11
叱りすぎたら●●? 「ごめんなさい」が素直に言える子どもを育てるコツ

叱りすぎたら●●? 「ごめんなさい」が素直に言える子どもを育てるコツ

「ごめんなさい」の気持ちを言葉に出して伝えることは、大切だけど勇気がいること。友達同士、きょうだい、夫婦、そして親子でも、それは同じ。子どもに「ごめんなさい」が言える人になってほしいと思ったら、ママから子どもに「ごめんなさい」と素直に言えることが大切なのかもしれません。

登場キャラクター

  • ミーニャママ

    …ミーニャママ

    普段は優しいお母さん
    夫には手厳しい1面も

  • ミーニャばあちゃん

    …ミーニャばあちゃん

    なんでも知ってる頼れるおばあちゃん生活雑学の生き字引

ミーニャばあちゃん

おや、暗い顔して、何かあったの?

また、ミーニャにキツく当たりすぎてしまいました。約束を守らなかったことを注意したかったんですけど、忙しかったので、つい感情的になってしまって…。自分でも、ちょっと言いすぎたなって後悔しています。

ミーニャママ
ミーニャばあちゃん

あらあら、そしたら早いとこ、ミーニャに謝っておいで。

でも、子どもに謝るのって、ちょっと難しいというか…。もともと約束を守らなかったのはミーニャだし、謝ってしまったら、「約束をやぶっても許してもらえる」なんて思われないですか?

ミーニャママ
ミーニャばあちゃん

確かに、悪いことをしたから叱っているのに、ただ情に流されて謝るっていうのだったら子どもを混乱させるだけだし、よくないと思う。でも、今回は「忙しくて、感情的になって言いすぎた」のよね? 自分に非があることに対して謝るのは、人として当然のことだと思うわ。

感情的になって大声で怒ったから、きっとビックリして怖かったと思います。

ミーニャママ
ミーニャばあちゃん

そうやって、「びっくりしただろうな。怖かっただろうな」って、子どもの気持ちに寄り添うのは大切なことよ。

じゃあ、「さっきはカッとなって言いすぎてしまってごめんね。忙しかったから、つい感情的になってしまったの。大きな声をだして、ビックリして怖かったよね。」って感じで大丈夫かしら…。

ミーニャママ
ミーニャばあちゃん

いいわね。そうやって、「何に対して謝っているのか」「なぜそうしてしまったか」「子どもの気持ちに寄り添った言葉がけ」を、伝わりやすいように言葉にすることは大切ね。あとは、もうひとつ、大切なポイントがあるんだよ。

心の底から謝るってことですか?

ミーニャママ
ミーニャばあちゃん

ふふふ。そんな感じ。具体的にいうと、「スキンシップをとる」ってことね。ぎゅって抱きしめたり、膝に乗せてあげたり。ママの体温や心臓の鼓動によって子どもは「自分はママに愛されてるんだ。」っていう安心感が得られるんだよ。大げさに聞こえるかもしれないけど、叱られすぎた子どもは「ママは自分のことが嫌いなんだ」「ママは怖い」っていう気持ちを少なからず抱いてしまうからね。

なるほど。ミーニャに「ママはミーニャを大切に思っているんだよ」ってちゃんと伝えなきゃ。

ミーニャママ

ミーニャばあちゃん

子どもは、ママが普段から素直に謝る姿勢をみて育てば、悪いことをした時、きちんと謝ることができる子に育つものだよ。

そうか! 「子は親の背中を見て育つ」と言いますね。そういった意味でも、子どもに謝るってことは大切なことなんですね。

ミーニャママ

ミーニャばあちゃん

そうなのよ。自分が悪いことをした時に、相手のことを思いやり、誠意をもって謝ることができるのは人間関係を築く上で大切なことよね。それをママが子どもに謝ることで、お手本を見せてあげるの。さぁ! ミーニャのとこに行っておいで!

行ってきます!

ミーニャママ

おすすめリンク

⇒子育ての味方!

⇒パピマミ

関連記事