menyamama にゃんとも便利!ママをもっと楽しく賢く!

検索
2015.10.28
いつはじめる? どう始める? 箸の練習の進め方

いつはじめる? どう始める? 箸の練習の進め方

子どもがスプーンやフォークで上手に食べられるようになった頃、気になりだすのがお箸での食事。家庭はもちろん、幼稚園や保育園ごとに少しずつ方針が違いますが、お箸の練習を始める時期や進め方、陥りがちな悩みも含めて、そのコツをご紹介します。

登場キャラクター

  • ミーニャママ

    …ミーニャママ

    普段は優しいお母さん
    夫には手厳しい1面も

  • ミーニュ先生

    …ミーニュ先生

    栄養のことなら何でもござれ
    料理が得意、けっこうマメ

ミーニャママ

先生、下の子の箸の持ち方がちょっと変わっているんです。箸ですくえないと、お茶碗に口をつけて食べたりしていて…。お箸を上手に使えるようになるには、どうしたらいいでしょうか。

お箸って難しいですよね。大人でも自己流の人がいますが、できれば正しい持ち方を身に着けてほしいですよね。ちなみに、箸を使い始めたきっかけは?

ミーニュ先生
ミーニャママ

急に興味を持って使いたがったので「チャンス!」と思って、好きなキャラクターの箸を買ってあげたんです。最初は使えなくても、そのうち上手に持てるようになるかなと思っていたんですが…。

確かに、始めるタイミングは興味を持った時がベストですが、実は最初から箸だけにしないことがポイントなんです。スプーン、フォーク、箸から選べるように出してあげたら、食べ物によって使い分けられますしね。スプーンやフォークのすくう動作は、箸でのすくう動作につながるので、使い続けることは悪いことではないんですよ。

ミーニュ先生
ミーニャママ

なるほど! 使うか使わないかは別にして、スプーンやフォークの準備もしてあげたらよかったんですね。箸の練習のために、箸しか出していませんでした…。

そうなんですよね。本人も箸ブームなので、どうにか箸を使おうとするんですが、親指、人差し指、中指でつまむ力や、指の動かし方が大人のように発達していない段階なので、想像以上に難しいんですよ。いきなり最初から箸だけで練習を続けていると、ご飯をかきこむ原因になったり、口に食べ物を詰めこんだままになったり、「飲みこみ」にも影響してしまうことがあります。もちろん、始める時期によっては、スムーズに使える子もいますけどね。

ミーニュ先生
ミーニャママ

これから、どうしたらいいですか?

食事の時はできるだけ、スプーン、フォーク、箸を準備してあげて、食べ物によって選べるようにしましょう。ほかにも、爪楊枝でデザートを刺して食べたり、親指、人差し指、中指でしっかり1本の色鉛筆を持って絵を描いたりするのも、トレーニングにつながります。その時、小指と薬指がちゃんと握れるよう見てあげてくださいね。

ミーニュ先生
ミーニャママ

色鉛筆や爪楊枝を使う動作が、箸に関係あるんですね。

箸の練習は、興味を持ってくれた時がチャンスなんですが、箸を使えるだけの指の動き、力、手首を支える力が育っていないと、上手に使えません。持ち方だけを直せばよいのではなく、腕全体を大きく使う遊びや、細かい指先を使う遊びをさせてあげて、準備を整えてあげることも大事なんですよ。

ミーニュ先生
ミーニャママ

なるほど! 普段の遊びや指先の動かし方も意識しながら、子どもと一緒にがんばってみます! きれいな箸の持ち方が身に着くように、ゆっくり焦らず進めてみますね。

関連記事